倶夢巣多 / 2001年11月29日 新潟日報
倶夢巣多

2001年(平成13年)11月29日(木曜日)新潟日報(夕刊)から

 2001年11月の新潟の新聞に紹介されました。そう、おいしい御飯は器も大切ですよね。高価なものという意味ではなく、作った人間の温もりが感じられるような器って事です。100円ショップでも売っている茶わんだけど、毎日使う食器なので、ちびっとこだわりがあっても良いと思います。私?? やはり好きなお茶わんを使っていますよ。御飯が美味しく見えそうな茶わんなんて見つけた日にはもう買わずにいられません。最近は、山嵜さん作の茶わんを使っていますが、手に取って使うご飯茶わんだからこそ手に馴染むようなお気に入りで食べるとより美味しく感じます。(コメント:四畳半)
 以下、新潟日報に掲載された記事全文と写真です。

器がよければコメもうまい

東京・米穀店  茶わん販売〜長岡の専業農家が発案
出来上がり おいしいコメをいい器でもっとおいしく食べてほしいーという願いを込め、東京都品川区の清水米穀店で、ごはん茶わんや皿などのミニギャラリーが二十八日から始った。
 同店に低農薬コシヒカリを納めている長岡市滝谷の専業農家、今井昭さんが、「コメを売るだけでなくて、おいしく食べられる食器を並べたら」と発案。知人でもある鎌倉市の新進の陶芸家、山嵜直子さんが「自分の作品を知ってもらう絶好の機会」と“商店街デビュー”に賛成。
 米穀店の専務、清水保之さんも「トータルに食文化を考えていきたい自分の路線にピッタリ」と話がまとまった。
 山嵜さんの作品は、ふんわりとしたやさしい色使いと、軽くて手になじむ形が特徴。ごはん茶わんは一つ千円から。コメを買いに来た女性が「色がいいわね」と手に取っていた。
 清水さんは「産地のブランドだけでコメが売れる時代じゃなくなった。米穀店は生産者に対し消費者の厳しい声を伝えないといけない。消費者には本当に店が機能するためには、いい器を並べることも有効な手段だ」と話している。
 写真は新潟日報よりスキャンしたものです。
茶わんを焼いた山嵜直子さん(左)、コメを売る清水保之さん(中)、コメを作った今井昭さん(右)=28日、東京都品川区小山の清水米穀店

以下、店内の様子です。撮影は山嵜直子さん

倶夢巣多
倶夢巣多

米本舗 清水屋 さん の御紹介

 器にもこだわるお米屋さんなんていいですね。そういう感覚で選ばれたお米。。食べてみたいですね。ご飯大好き人間の私としては非常に興味あります。ここに清水屋さんの御了解を得ましたので連絡先など紹介いたします。
生産者にこだわった「厳選農家の米」を販売しています。 玄米量り売りなど、美味しいご飯を提案しています。
店名 創業明治四十年 米本舗 清水屋
所在地 142-0062
東京都品川区小山3-8-1
電話番号 03-3781-8836
Fax番号 03-3781-8852
E-Mail ShimizuBK@aol.com
営業日&営業時間 月〜土 祝日を除く
午前9:30〜午後8:00
(ただし土曜日は午後7:30まで)

倶夢巣多 2001年12月13日作成