倶夢巣多 / 恋するアジア 第34号 〜 フィリピン帰りの陶芸作家
倶夢巣多
恋するアジア 第34号
(発行日2001年12月20日(季刊誌)年4回発行)
 アジアライフ社 発行の「恋するアジア 第34号」(発行日2001年12月20日)に倶夢巣多が紹介されました。ここに記事全文を転載します。縦書きを横書きに直してありますのでレイアウトは変わっています。器の写真と経歴や連絡先は削除してあります。

フィリピン帰りの陶芸作家

恋するアジア 黒い岩山の裾にくりぬかれたトンネルをぬけると、粉のようにさらさらとした光が、紅葉のすすんだ木々にそそがれていた。線路に沿った赤土の小道を歩いていくと、女学生がたなびくスカートに恥じらいを見せて自転車をこいで通りすぎていった。都心から1時間しか離れていない所であるが、そこはもうタイやビルマの片田舎かと思わせるような、人を安心させる素朴な大気と時間がながれていた。
 山嵜直子さんは、そんな北鎌倉で陶芸工房をひらいている。陶芸ということだけれあれば本誌の出番ではないが、聞けば青年海外協力隊員としてフィリピンに行っていたという。フィリピンと陶芸とは妙な組み合わせである。さっそくお邪魔することにした。
 行く前に山嵜さんからは道順を書いた地図とメールをもらっていた。「・・左折した左側は山の壁です。山壁が終わりますと、ホンダの修理工場があります。その隣にスカイブルーグレーの2階立てアパートが出てきます。茶色いゲートがありますので入ってください・・」。このように駅から工房までの道筋が説明されている。色の指定が鮮明で、歩く方向を書くのに東西南北は使わず、右、左と書いている。具体的である。「いい女」だろうと筆者は直観した。話はそれるが、道順を説明するのに東西南北を言う人がいるが、ほとんどはA型人間であり冷たく愛想がなく、筆者のニガ手とする相手である。
 工房の名は「倶夢巣多(クムスタ/フィリピン・タガログ語で、お元気ですか、という意味」という。工房の背中(通り側)に木板をかたどった看板(表札)がかかっている。大きすぎる、とは思うが、思いの入った看板である。
 山嵜さんの経歴を紹介する。子供の頃からモノを造るのが好きで、1988年に女子美術短期大学にすすむ。はじめは陶芸には興味がなく絵や工作などを勉強していた。そのうち教授から陶芸をすすめられ、やってみたところ、カタチができあがっていくことに興味をおぼえ、卒業後は同校の陶器専攻科にすすみ本格的に勉強をはじめた。そこを修了後は日本陶芸倶楽部に入社し陶芸指導員として仕事をしていたが、「違った場所に自分を置いてみたい」と思うようになり、青年海外協力隊に応募。遠くアフリカあたりを希望していたが、フィリピンに決まり93年、赴く。ピナツボ山の麓で現地の人に陶芸を教えた。「はじめはフィリピンになじみませんでした。もっと地理的に遠くに行きたかったという思いが捨てきれなかったのかもしれません」。陶芸を教える先生は彼女しかいない。教室には15歳から60歳まで年齢幅のある人たちが常時20人くらい集まっていた。勝手に休む人もいれば、飛び入り生徒もいる。来なくなった生徒の家まで理由を聞きに行くこともあった。陶器は日本では「アート」の部分もあるが現地では「道具」である。それやこれやで、彼女自身、学ぶことが多かった。そしてフィリピンが好きになった。任期の2年を超えたところで、やりかけの仕事が残り、滞在を1年延長した。帰国後は日本の生活についていけなかった。「なぜ、お菓子は1つ1つ包装されているの?」と不審に思い、「駅の自動改札の切符の流れは早すぎる」と感じた。「自分の気持ちをまとめる」ために、山嵜さんは96年にカナダのカルガリーに渡った。そこで工房を借り、自分の陶芸作品造りにとりくんだ。しかしそれは長くは続けられなかった。腱鞘炎(けんしょうえん)になってしまったのだ。指がまったく動かない。陶芸家には致命的な出来事だ。創作意欲が先行して作品造りの作業にのめり込みすぎたのだ。達成感のないまま帰国。それから2年余り、陶芸からは離れ、タガログ語の通訳などで生活をしてきた。
 99年になって、陶芸への夢は断ちがたく、陶工房「倶夢巣多」を開いた。指は動くようになっていたが腱鞘炎にまたなる危険とは隣合わせだ。しかしこの先、陶芸家として生きるという方向をハズすつもりは、もうない。「この工房で、人に陶芸を教えながら、自分の作品も造っていきたい。教えることはお金を得る方法でもありますが、教えることで世の中と関わることのほうが重要です。自分ばかりにこもりたくないですから」。これからどんな作品を造っていきたいのですか、と聞くと、「使われる実用品です。置物ではなくて、どんどん使ってもらって、その人の生活が楽しくなるような作品です」と答えた。その発想、アジア的である。アジアンライフ・シリーズとかアンダーシー(海の中)・シリーズとか、現在制作中である。
 インタビューのあと、実際に陶器造りを見せてもらった。立ちあがって粘土を台に置き、ぎゅっ、ぎゅっと練る。「こうやって中の空気を抜くんですよ」と説明する。そして、またたく間に茶腕ができあがた。素人はこんな簡単にはできない。手並み、当然ながらあざやかである。粘土を練る山嵜さんの腰の動きには、きゅっきゅっと色気がある。それを言うと「えー」と照れて頭をかいた。「いい女」である。「いい女」と書くのは、「気持ちが暖かで本物」という意味である。
 茶腕造りも終わって、外を見ると暗く、腹もへってきた。取材は終えて、居会わせた数人で近くの飲み屋へいき寄せ鍋をつついた。ひとりが各人に醤油をついで、筆者は手をすべられて受け皿を落としてしまった。しかさず山嵜さんは「こういうの、気持ちがハッとするんですよね」と言った。割れたら陶器は死、と反応したのだ。陶器への愛は深い。山嵜さんは陶芸家として大きく成長していくに違いない、と筆者はそのとき確信したのだった(ホメすぎかな)
 (取材・文 春田実)

■恋するアジア■
恋するアジア アジア関係のミニコミ誌なのですが、山嵜さんからお借りして初めて読みました。読んでみると・・・実に濃い内容なのです。紀行文から映画や本の紹介までありとあらゆるジャンルのアジアが満載です。最近はいい加減な取材で記事を書いている雑誌も増えている中で、「恋するアジア」は誌名の通りアジアへの思い入れを強く感じさせる作りです。読めば読む程、取材への意気込みを感じ、挿し絵や丁寧に選ばれた漢字使いや言葉からもアジアを愛する筆者が浮かんできます。下手な大手編集のアジア特集よりも数倍も読みごたえがあり、編集後記まで一気に読んでしまいました。これだけの雑誌、倶夢巣多の記事の紹介だけに留まっては勿体ないのでここで少し紹介しておきます。

倶夢巣多 2002年2月21日作成