倶夢巣多 / 国際開発ジャーナル No.587 特集2〜青年海外協力隊40年の軌跡
倶夢巣多
国際開発ジャーナル No.587
(発行日2005年10月)
 国際開発ジャーナル No.587(2005年10月号) 特集2〜青年海外協力隊40年の軌跡 から、山嵜直子さんの記事を全文掲載。

青年海外協力隊 40年の軌跡
青年海外協力隊の経験はどのように今の自分に生きているのか、
4人の経験者に取材した。

協力隊での経験は私の人生の宝です

倶夢巣多(くむすた) 山嵜直子さん

赴任当初は葛藤の連続

 鎌倉の閑静な住宅街の一角に、倶夢巣多(くむすた)という一見変わった名前の陶芸工房がある。クムスタとは、フィリピンのタガログ語で「お元気ですか?」という意味で、現地ではよく耳にする言葉だそうだ。
 実は、この工房の主、山嵜さんは青年海外協力隊(JOCV)の陶磁器隊員として1993年からフィリピンに派遣され、ピナツボ火山の麓サンフェルナンド州にある職業訓練センターで陶芸指導を行っていた。
 美大卒業後、陶芸教室で指導員をしていた山嵜さんは、JOCVの募集ポスターを高校生の時に初めて目にして以来憧れ続け、大学卒業後再度目にした時、応募を決意したという。

 赴任して早々、山嵜さんは多くの葛藤と闘わなくてはならなかった。山嵜さんの生徒は、ほとんどが1日50ペソ(約1ドル)以下で生活をする貧困層の出身で、教育を受けることが出来ない女性たち。職業訓練センターで技術を身に付け、その道で将来お金を稼ぐことが期待されていた。ところが、陶器を作ろうにも、彼らは「マグカップ」や「お皿」を使って食事の経験をしたことがない。通常バナナの葉やゴミのプラスチックの空き容器などを使う彼らに、どうして食器を作るのか、どういう形なら使い勝手がいいのか、など基本的なところから教えるのに大変苦労したそうだ。

 問題はほかにもあった。フィリピンでは、陶器は一般的に馴染みが薄く、大体生徒達の作品に対するニーズやマーケットがない。しかも、生徒たちが技術を身につけたところで働く場所もない。一部、マニラの日本人会や日本食レストランなどがチャリティーで購入してくれたが、「なぜ彼らが陶芸を学ばねばならないのか」、「一体私はここで何をしているのか」悶々と悩む日々が続いたという。
フィリピン赴任先

生死の境を目の当たりにして

 滞在中、山嵜さんにとって一生忘れられない出来事があった。それは、ピナツボ火山噴火後に起きた台風の影響で土石流が泥流となって麓まで押し寄せ、大惨事を引き起こしたのだった。
 山嵜さんや生徒たちも大きな被害を受け、急遽、山嵜さんも滞在を9ヶ月延長した。幸い、山嵜さん自身は無事だったが、生徒のなかには、泥流にのまれ、いまだに行方が分からない者もいるという。

 そんななか、生き残った生徒たちと再会できたときの悦び…しかも、彼らは山嵜さんの安否を心配して、真っ先に訓練センターに駆けつけてくれたのだった。「生きててくれてありがとう、ありがとう」力一杯彼らを抱きしめた。
 帰国後、しばらく生徒たちやフィリピンのことが忘れられなかったが、陶芸のニーズもないフィリピンで生計を立てることは難しい。悩んだ末、一旦親戚のいるカナダで陶芸を続けることにした矢先、あろうことか腱鞘炎を発症。症状は深刻で、行く先々の医者に「もう陶芸の道を諦めてください」と宣告されたのだった。

 絶望のなか、藁にもすがる思いで山嵜さんはJOCVの職業カウンセラーの門を叩いた。これが山嵜さんの奇跡の始まりである。「マニラの日系企業でタガログ語の通訳・翻訳者を捜しているが興味はあるか」フィリピンに帰りたくて仕方がなかった山嵜さんにとって願ってもないチャンス。また、いい整体の医者にも恵まれた。マニラで慣れてないOL生活を経た後、奇跡的な回復を遂げ、1度は諦めた陶芸の道をまた志すことができるようになった。

 帰国後、山嵜さんの作風は微妙に変化したという。「和」の中に少しだけフィリピンさしさを加えるようになったのだとか。「フィリピンは私にとっては特別な国そこで出会ったすべての人や経験が私の宝物なんです」そんなフィリピンへのさまざまな想いが凝縮された倶夢巣多で、現在山嵜さんは陶芸教室を開き生徒を指導するほか、個展も開催するなど精力的に活動している。教室でも個展でも、山嵜さんのエキゾチックな作品に興味を示してくれたすべての人に、フィリピンのことを話しているという。

 「作品を通して、1人でも多くの人にフィリピンのことを知ってもらいたい、今はその一心です」。

国際開発ジャーナル 国際開発ジャーナル
創 刊:2005年10月1日発行  No.587
特集2
青年海外協力隊 40年の軌跡
■ 青年海外協力隊事務局 大塚正明事務局長インタビュー
■ 爽菜農園 小野寺徹さん、幸絵さん
■ 倶夢巣多 山嵜直子さん
■ 堀切中央病院 院長/理事長 本田徹さん
■ (株)めこん 代表取締役社長 桑原晨さん
写真は、山嵜さんからお借りし、カラーで載せました。
赴任して2ヶ月程の時の写真だそうです。
訓練センターの生徒さん達と一緒に(山嵜さんは右下)

倶夢巣多 2005年10月16日作成