倶夢巣多 / 華音 Kanon 第9号掲載記事 器のしらべ〜陶器と和食、美しい響き〜 / 日本一高い(位置にある)〜日本料理「四季亭」レポート

日本一高い(位置にある)〜日本料理「四季亭」レポート〜2月7日

四季亭展示 本日は、私にはちょっと(いや、かなり?)贅沢で高級なお食事、横浜ロイヤルパークホテルの「四季亭」に行って来ました。ここは、日本一高い位置にある日本料理屋さんと言われています。

 高速エレベーターで、アッと言う間に68階へ到着です。さすが高級日本料理店!な店構えに、ドキドキしながら、中へと足を進めます。平日の少し遅めなランチタイムと言う事もあり、店内はゆったりとした空間が広がっていました。奥へと入っていった正面に、我々の器5点が、ケースの中に展示されておりました。 嬉しさも勿論、こんな凄い所に自分の器が・・・!と、とても不思議な感覚にもなりました。

予約した窓側テーブルは、みなとみらいを真下に、赤レンガ倉庫、その奥には房総半島、左側にはベイブリッジ、右下は横浜スタジアム、そしてその奥には遠く三浦半島までもが、しっかりと一望出来る感激で素晴らしい眺めでした。何と言う贅沢な景色なのでしょう!やっぱり横浜だよなぁー!と、日頃から地元横浜を自慢しきりの私は暫し大興奮でした。
四季亭からの眺め 四季亭からの眺め
 興奮して喜んでいる私達のテーブルに、今回、我々の器を元にインスピレーションして料理を作り出してくれた料理長が、わざわざテーブルまで挨拶に来て下さいました。『あっ!雑誌に載っていた顔と同じだっ!』もう私は、嬉しさと恐縮と感激とが、あれやこれや入り混じって、更に興奮状態になってしまいました。この事は、私の一生の素敵な想い出となる事と思います。

 一品目のメニュー料理が、塗りの半月盆に乗って運ばれてきました。そうだっ!本題のお料理コースレポートをしなくては!コース料理の品は、順々に我々の食事のペースに合わせ、丁度良いタイミングで運ばれて来ました。言うまでも無い洗練された上品な料理、窓からの最高の眺め、私達の楽しい会話、お食事が運ばれては、また会話に華が咲き・・・。そんなゆったりとした贅沢な時間の流れ、そして空間、これら全てが『ミニ茶懐石』の味なんだなぁーと実感しました。
 今回の企画で撮影に使われた器は、作家オリジナル作の為、1点ずつ展示のみとなっており、お店で食事をする際の器は、四季亭の食器を使用しています。器の持つ美と、料理の美、そのどちらをも損なわず、上手く美しく引き立て合っている盛り付けに、物凄く感激し刺激を受けました。この度は自分も携わっている事もあって、これまでよりもずっと、その思いが強く意識の中にあったと思いますし興味深かったです。

 茶懐石ですから、お食事の後、お抹茶を頂く事が出来ます。折角なので、日本で一番高い所にある茶室、『開光庵』へと場所を移動しました。(これは一気に気分も変わって効果的です)幸い、私達が行った時は 他にどなたもお客さんがおらず、茶室は静寂な空気に包まれていました。
 お茶室からの眺めは、『四季亭』の位置とは違っていて、また別のパノラマが一望出来ます。既に夕方となり少し雲もあった為、晴れていたら見える富士山を拝む事が出来ませんでしたが、それはまた、次回に来る時までのお楽しみが出来た様な気がしています。

 恥ずかしながら、殆どお茶の作法を知らない私は、お手前を拝見しつつ、実はかなりドキドキしておりました。すると、それを察してか?『こちらは、いらして下さった方が楽しくゆったりとなさって頂けたら宜しいのですから、お作法など気になさらなくても大丈夫ですよ。どうぞ お気楽に召し上がって下さい。』と助けの言葉を掛けて下さいました。その言葉を聞き、ホッとしたら、茶室が神秘的な空間にも思えてきました。ユリ根のほのかで優しい香りと甘さのお菓子、渋いお抹茶がとてもとても美味しかったです。

 お手前をして下さった方が、他にお客様もいらしていないですし折角ですから・・・と、上空から見える景色の説明や、お茶会の流れや作法など、簡単で解りやすく教えてくれました。

 私自身みなとみらいには、電車でもドライブでも頻繁に行っています。そして、このランドマークタワーも前を通過し、その度に下から見上げる事ばかりでした。その建物の上では、こんな別世界も広がっていたんだなぁ〜と、本当に気持ちのゆったりした一時を過ごしてくる事が出来ました。

倶夢巣多 2008年4月10日作成