倶夢巣多 / 横浜CoZAの間【Charity Exhibition】 / チャリティー展を終えて

チャリティー展を終えて

倶夢巣多
 震災後、どうにもならない気持ちでいた自分を、この企画に後押されて、少しずつ動き出す事が出来ました。参加できて、本当に有難く、幸せです。
 微力な自分ひとりにやれる事は、とても小さく細いものですがこうして皆さんと共に向かう事で、これからも少しずつ和を広げ、しっかり太いものへと繋げていけたらと思います。この度は、本当に多くの方々が御来場下さいました。多大なご協力頂きまして、誠に有難うございます。この場をお借りして深く御礼申し上げます。

                         6月  山嵜直子


神奈川新聞 5月19日に掲載されました。

  『CoZAの間』ブログから報告がありましたので一部、抜粋して記載させて頂きます。
5月25日の『CoZAの間』ブログ:ご報告
↓↓↓
 全体の売上げは、573,025円でした。当初のお知らせどおり、その50%とその他寄付金を含めまして本日、310,012円を「あしなが東日本大地震・津波遺児募金」へ寄付してきました。
 「大人たちも力を合わせ頑張るから、みなさんも明日を信じて日々を元気にネ!」とメッセージを添えて。

 このような機会を与えていただき、作家さんやご来場の皆様と心を合わせ、復興の一助となれましたことを心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
 今回のみでなく「被災地のために何かしたい」という“想いをつなごう”の企画はさまざまなカタチで続けていくつもりです。細くても長く!ずっと!引き続き、みなさまのあたたかいご支援をお願い申し上げます。

              《CoZAの間》 人の間・時の間・空の間

倶夢巣多 2011年6月