倶夢巣多 / 陶・磁・ガラスのある風景〜ギャラリー悠玄 (ゆうげん) / 陶・磁・ガラスのある風景 を終えて

「陶・磁・ガラスのある風景 を終えて

ギャラリー悠玄にて,4月14日〜26日,無事に終了しました。
 春の清々しい季節、久しぶりの銀座通いをしていた展示会は、 多くの方々にご来場頂きまして、無事に終了致しました。 有難うございます。
 はじめてのグループ展参加はこちらのギャラリー悠玄さん(陶10人展 Spring:2004年)でした。  当時は,状況も雰囲気も何も解らない中、模索しつつ、不安も緊張も 多い中での参加だった事を、今でもハッキリ覚えています。
 回数を重ねさせて頂く度に、個展では味わえないグループ展ならではの 醍醐味や、多くの発見・刺激・感動を感じられる様になりました。

 今回集まった7名の作家、私は元々何方の事も知らなかったのですが 以前のグループ展で面識を持たせて頂いた方、この度、 はじめましての作家がいらしたりで、程よい緊張感の中 開催されました。

 ご来場頂いたお客様とは勿論の事、参加作家との交流、そして 互いの作品達が、とても心地よく気持ちの良い会場内の空気を 作ってくれていた様に思え、本当に学び多い充実した会となりました。

 ご来場下さいました方々、ご協力・ご支援下さった方達へ この場をお借りして、改めてお礼申し上げます。 次は、秋に向けての個展があるので、また新たな気持ちで 取り組みたいと思っております。 今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。
                        山嵜 直子

倶夢巣多 2014年5月6日作成