倶夢巣多 / A ray of Movement 光跡〜ギャラリー悠玄 (ゆうげん) / A ray of Movement 光跡を終えて
 終了致しました。

A ray of Movement 光跡 を終えて・・・

 私にとって今回の企画三人展は、新しい事への挑戦とチャンスを 頂く事が出来、自分自身 知り得なかった取り組み方の感触や作風に 出会えた様な、刺激、感激、そして感謝の思い沢山の、 貴重な発表となりました。
 ご多忙の中いらして下さった皆様、また素敵な巡り合わせと出会いが出来た お二人の作家さん、そして今回のチャンスと試みを作り、プロデュースして下さった 悠玄ディレクターさん、皆様方へ心から感謝の思いです。 この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。 次へのステップが大変に緊張であり、またワクワクと楽しみでもあります。 この会で光の跡を作り、それを今後に生かしていける様、これからも 日々、励んで参ります。
2016年6月  山嵜 直子
A ray of Movement 光跡
今回の出品作は、ロクロで成形した球体と、
それに対比させた手でしか作れない手捻り成形での舟形シリーズです。
A ray of Movement 光跡
球体は、床を舞台にして、敢えて照明を落として展示致しました。
皆さんに、宇宙空間や海底の様とコメント頂きました。
A ray of Movement 光跡
姉の友人が、一生懸命丁寧に作品鑑賞して下さっている様子。
その様が、まるでお客さんも参加しての融合アートの様に感じ、
思わずパチリと撮影させて頂きました。

倶夢巣多 2016年6月27日作成